関節痛




関節痛は、常に関節炎が原因で起こるとは限らない。
関節痛には、炎症性関節痛と非炎症性関節痛の2種類の関節痛がある。
炎症性関節痛の原因は膠原病、脊椎関節炎、感染性関節炎、リウマチ熱、痛風、
偽痛風などある。それに対し、非炎症性関節痛の原因には、外傷や
変形性関節疾患など。
運動によって起こる指、肘や膝、肩などの関節痛は半月板損傷や靭帯損傷などがある。
また骨関節症は、関節軟骨の変性および骨棘の突出によるもので、45歳以上
の人に非常によく見られる。
関節痛の原因には、軟骨の擦り減り、過度の運動または運動不足、老化、
肥満、免疫異常などがある。

指、肘や股、膝、肩などの関節痛を起こす疾患には、関節リウマチ、
全身性エリテマトーデス、進行性全身性硬化症、混合性結合組織病、
多発性筋炎、シェーグレン症候群、強直性脊髄炎、ライター症候群、乾癬性関節炎、
炎症性関節炎、リウマチ熱、若年性関節リウマチ、変形性関節症、感染性関節炎、
ベーチェット病、痛風(特に足の親指)、偽痛風、神経病性関節症、血友病性関節症、
骨粗鬆症などで関節痛が出現する。

関節の痛みとヒアルロン酸




関節痛の原因は、軟骨の表面がざらざらして弾力性が低下、力のかかる
部分が次第にすり減っていくことである。これは、関節軟骨などに含まれ、
関節の動きをよくしたり(潤滑作用)、クッションのように衝撃を吸収する
働きをしているヒアルロン酸の減少によるものである。
ヒアルロン酸は加齢とともに減少していく。ヒアルロン酸が減少すると、
肌のハリがなくなったり、関節の動きが悪くなり、痛みを生じることが多い。
特に皮膚では、大人の皮膚に含まれるヒアルロン酸の量は、赤ちゃんの
20分の1といわれるほど。
関節痛に対する治療には、痛み止めの内服薬や貼り薬などがあるが、
この他、関節痛によく行われる治療として、膝や肩の関節にこのヒアルロン酸の
注射を行う方法がある。


*ヒアルロン酸とは
ヒアルロン酸は、もともと体内(目や皮膚、関節など)に含まれている成分で、
優れた保水力と非常に高い粘性と弾性で注目を集めており、身近なものでは、
化粧品や健康食品などに使用され、また医薬品の原料としても使用されている。
ヒアルロン酸は優れた保水力と非常に高い粘性と弾性を持っている。

◇ヒアルロン酸注射の効果
・関節痛を抑える
・関節の炎症を抑える
・関節の動きをよくする
・軟骨の磨耗を抑える

関節痛と睡眠の関係




人間が、一番リラックスできる時間。
それは、睡眠の時間ではないだろうか。
一日の疲れをお風呂で癒して布団に入った時、なんともいえぬ心地よさがある。

しかし、関節痛で悩んでいる方の多くが不眠を訴えている。
どうしてか?

関節痛の慢性的なものは、夜間寝ているときも痛みがあるため、睡眠も
浅いのである。
痛みがあっても、夜ぐらいはゆっくり寝たい。
病院から処方される安定剤にたよらなくても寝れるように、ちょっとした工夫をしてみてはいかがだろうか。

慢性的な関節痛があっても、不眠にならない工夫。
それは、布団である。

なんだ・・・と思うかもしれないが、結構重要なことである。
ふかふかの布団は確かに気持ちがいいもの。
しかし、やわらかい布団は、関節痛の敵なのである。
腰の筋肉が伸びてしまうので、かえって疲れてしまう。
ですから、布団は やや硬めのものを選んで頂きたい。

さらには、寝るときの姿勢。
腰に一番負担がないのはあお向けである。
でも、腰が痛い時のあお向けは本当に辛い。
そんな時は、横向きになる。横向きは膝の関節痛の方にも良いとされている。
今は、寝具売り場だけでなく雑貨屋にも、色々な形の抱き枕が売られている。
これを膝の下にいれるだけで、脚のむくみや倦怠感が取れる事がある。
今までのように、眠れなくて仕方なくソファに座ったまま寝るなんてこともなくなるかもしれない。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。